So-net無料ブログ作成

NH209 [スウェーデン旅行]

2018 - 2019 年末年始スウェーデン旅行記 Day 1 (2018/12/31)

00000759.JPG

私たちが搭乗するデュッセルドルフ行きの便のゲートが間もなくオープンする。





00000760.JPG

既に搭乗に向けて行列が。






00000761.JPG

私たちの席は、エコノミー席の中ほどで、自分たちの後ろは壁だったのでリクライニング時に後ろのお客さんを気にしなくてもいい。
しかも、3列掛けの席の通路側2席を予約していたのだが、窓側席は空席だったので3席を2人で使えることに。
国際線で窓側に座ることはあまりないので、これはラッキーだった。




00000762.JPG

搭乗したら真っ先に必ずやることにしているのが、財布を海外用のものに入れ替えるのと、時計を現地時間に合わせること。
この瞬間から、頭の中で現地時間で過ごすように自分に暗示をかける。
これがけっこう時差ボケ対策には有効で、機内で過ごす12時間の間に、なんとなく気持ちが現地時間に切り替わる。
往路では寝る時間がかなり減るので体が疲れはするが、これのおかげで今回も時差ぼけはほとんどなし。



00000763.JPG

機材はボーイング 787。
恒例の足元チェック。
あれ?こんなに広かった?
けっこう楽々。




00000764.JPG

滑走路へと順に向かう。




00000765.JPG

離陸。




00000766.JPG

最初の機内食の時間に。
私たちは二人とも牛すき焼き丼を赤ワインとともに。
ご飯のお供になぜだか巻き寿司が。




00000767.JPG

デザートはハーゲンダッツのアイス。




00000769.JPG

日本海を越えてすぐ、ロシアに入ったあたりで寒そうな景色が見えた。
でかい川みたいなのが見えるが、凍ってるのかな?





00000770.JPG

そのうち機内の照明が落とされ、787 の窓の電子ブラインドも最も暗い側に自動で設定された。
多少の光は見えるので、太陽が幻想的な感じに映る。





00000771.JPG 00000772.JPG
映画は2本見た。
「ミッション・インポッシブル フォールアウト」と「コーヒーが冷めないうちに」。
「コーヒーが冷めないうちに」は泣けた...




00000773.JPG

続けて映画を観るのも疲れるので、この後は少しうたた寝したり、ぼーっとスカイマップを眺めたり。
まだこんなところか。遠いな...
背中がかなり痛く、席を立ってストレッチをしたりもして。





00000774.JPG

そうこうしていたら、二度目の機内食タイムに。
私は白身魚の煮つけを。




00000775.JPG

かみさんは、イングリッシュマフィンとオムレツを。




00000776.JPG

外は厚い雲のせいで地上がほとんど見えない。




00000777.JPG

着陸するときも、かなり低いところまで雲が出ていたようで、雲を抜けたところで地上がかなり迫っていた。




00000779.JPG

この便は、予定時刻を30分以上早くデュッセルドルフ空港に到着。
エミレーツのエアバス A380 が見えた。
あまりに早く着きすぎたため、しばらく誘導路の途中で待機した後にボーディングブリッジまで移動した。

nice!(22)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

nice! 22

コメント 14

めぎ

あ、私もうちのドイツ人も、機内に入ったら最初に時計を現地時間にします♪
これ、頭を現地の時間にするのにすごく良いですよね。
あはは、デュッセルドルフ、どんより曇ってますねえ。
私達が冬にデュッセルドルフを脱出して南国へ行きたくなる気持ち、想像していただけたかしら。
11月くらいから3月くらいまで、ほぼ毎日これなんですもの。今日もこんな感じです。
by めぎ (2019-02-07 19:14) 

kumako

ついに飛行機に乗ったー。
3席を2人で使えるなんてラッキーでしたね!
長時間だと疲労度が違ってきそう(^^)d
by kumako (2019-02-07 23:47) 

YAP

めぎさん、kumakoさん、コメント & nice! ありがとうございます。

めぎさん、
時差ぼけ緩和にこれは効きますよね。
シュトゥットガルトも冬はこんな感じですので、ドイツの内陸部特有の空ですかね。
かなり低いところまで雲があったのには驚きました。

kumakoさん、
横方向はストレスフリーでしたが、シートの硬さにはちょっと疲れました。
降りる頃には、背中がバキバキでした。

xml_xslさん、スイカが好きさん、knackeさん、tochiさん、engridさん、soramoyouさん、鉄腕原子さん、@ミックさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2019-02-08 07:59) 

sheri

この時差ボケ対策、やっているんですけどね、年々つらくなるばかりです。
で、私映画も好きなので、コーヒーが冷めないうちに、はやっぱり泣けるんですね。機内で号泣も出来ませんしね。
by sheri (2019-02-08 17:40) 

kuwachan

私もすぐに時計の時間を変えますよ~同じです。
後ろが壁って気楽でいいですよね。
それに3人掛けを2人で使えてラッキーでしたね。
それも窓側ってやっぱりいいですよね。
by kuwachan (2019-02-08 23:32) 

リュカ

3席を2人でというのはラッキーですね!
他に人がいないだけでも、気持ちが楽になります♪
電子ブラインド体験してみたいわ^^
by リュカ (2019-02-09 00:19) 

YAP

sheriさん、kuwachanさん、リュカさん、コメント & nice! ありがとうございます。

sheriさん、
もうひとつ、機内ではあまり寝ないようにしてます。
眠れないということも理由ですが。
そうすると、移動するその日はかなり疲れますが、その勢いで一晩眠ると翌日にはもう時差ボケなくなってます。

kuwachanさん、
北米行きは外見ても海ばかりですが、欧州行きは景色を楽しめますね。
ただ、このときはほとんど雲ばかりでしたが。

リュカさん、
他のお客さんが横にいなかったのは、気分的に楽でした。
電子ブラインドは、写真をご覧のように完全に光を遮断するわけではないので、嫌いな人もいるみたいです。
私はまったく気になりませんが。

tarouさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2019-02-09 06:56) 

miffy

時差ボケってなったことがないので時間設定はあまり気にしません。
電子ブラインドだとずっと外が見えるので好きです。
by miffy (2019-02-09 11:04) 

YAP

miffyさん、コメント & nice! ありがとうございます。
時差ボケになったことがないというのもなかなかの強者ですね。
私もまあまあ強い方だとは思いますが、朝着便とかだとけっこうきついです。

まりっぺさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2019-02-09 17:16) 

gillman

ぼくも飛行機に乗ったら、その時から到着地時間にします。その方が着いてから向こうの時間に慣れやすい気がします。
by gillman (2019-02-09 23:27) 

こちさ

時差ボケ対策、私は何もしていないけれど、
ヨーロッパだと行きも帰りも時差ボケは全くないです。
アメリカ側から帰ってくるときは、
ときどき辛いことがありますが、毎回ではないかなぁ。
by こちさ (2019-02-09 23:51) 

YAP

gillmanさん、こちささん、コメント & nice! ありがとうございます。

gillmanさん、
けっこう同じこと実践されている方がいて、偉そうに記事に書くほどではなかったようです。
けっこう効果的ですよね。

こちささん、
お、ここにも時差ボケに強い人がいらっしゃいますね。
アメリカとの行き来だと、時差よりも日にちの感覚があれ?っとなってしまいます。
by YAP (2019-02-10 06:45) 

ふにゃいの

私も旅行用の時計はGショックで
乗る前から現地時間合わせ派です。
時差ぼけ対策というよりは
気がはやってるだけですが^m^

by ふにゃいの (2019-02-10 18:29) 

YAP

ふにゃいのさん、コメント & nice! ありがとうございます。
乗る「前」ですか。
私もはやる気持ちはありますが、いちおう乗るまでは出発地の時間通りに動いておかないといけないと思うので、乗った直後に合わせてます。

ネオ・アッキーさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2019-02-11 06:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。