So-net無料ブログ作成

富士ワンダーランドフェス! HERO of Formula [クルマ]

ただいま、3月12日に開催された、富士ワンダーランドフェス!の記事を執筆中。 

続いての時間帯は、"HERO of Formula" と題して、国内のトップフォーミュラで活躍したマシンが疾走。
この時間帯は、再びピットビルの3階に上がり、そこから鑑賞。

000680.JPG

スイフト FN09 (2011)

この日走行したマシンで、たぶんこれが最も速かった。
F1 は希少価値の高いマシンばかりのせいか、抑えて走っていたのがあからさまだったのだが、6年前にデビューしその後3シーズンを戦ったこいつは今でも十分にコンディションが良いようで、唯一本気走り。





 

000681.JPG

ローラ T90/50 DFV (1991)

片山右京選手のドライブで、1991年の全日本F3000を制したマシン。
エンジンは、ケン松浦チューンのフォード DFV。





 

000682.JPG

マーチ 842・BMW (1984)

ピットウォークのときには思わなかったが、こうして '90年代以降のトップフォーミュラマシンと比べるとかなり小さく、F3 かと勘違いしてしまいそう。





 

000683.JPG

NOVA 532 (1978)

これも同じくここでは F3 サイズに見える。
当時は、F1 とそれ以下のクラスのマシンは明らかに違いを感じたが、現代はサイズ感だけだと F1 も F2 (昨年までの GP2) も同じくらいに見える。





 

000684.JPG

ローラ T90/50 DFV の前を行くのは、シオノギカラーのローラ T97/51 無限 (1997)。
ペドロ・デ・ラ・ロサのドライブで、'97シーズンを圧勝した。





 

000685.JPG

マーチ 86J ヤマハ (1986)

ヤマハが F1 に挑戦する直前、ホンダと国内の覇権を競っていた頃。





 

000686.JPG

マーチ 842 と競っているのは、ブラバム BT30 フォード (1970)。
この頃は、F1 も F2 も葉巻型のマシンからちょっと進化して、前後にウイングがつき始めた頃。





 

000687.JPG

直線を駆け抜けるマーチ 86J ヤマハ 。
後はマーチ793 トヨタ (1980)。





 

000688.JPG

スイフト FN09 は直線では 300km/h 近く出していたのではないかと思われる。





 

000689.JPG

ローラ T90/50 DFV の後は、ラルト R35 (1992)。
CABIN カラーの競演。





 

000690.JPG

ブラバム BT30 も頑張って走っていた。
一番古いマシンだというのに、よほど整備状態がいいのだろう。


nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 6

kuwachan

希少価値の高いものは抑えて走るように言われていたのでしょうね。
ドライバーさんとしては残念だったかも^ ^
と言っても、公道よりもずっと早い速度ですよね?
by kuwachan (2017-04-21 23:08) 

めぎ

小さいな~と思いました。
道が広くて、ミニカーみたいに見えますね。
by めぎ (2017-04-22 04:32) 

YAP

kuwachanさん、めぎさん、コメント & nice! ありがとうございます。

kuwachanさん、
直線での最高速は、最も速いスイフトでたぶん 300km/h くらい出ているものと思われます。
富士スピードウェイの直線は、世界でも有数の長さを誇るので、たいていのマシンはコーナーよりも直線スピードを重視したセッティングをしてきます。

めぎさん、
マシンが小さく見えるのは、レンズの望遠側が 35mm 換算で 400mm 相当までしかないということが理由ですね。
ピットビルの上からホームストレートを見下ろす位置からだと、もっとマシンが大きく写っている写真もあるのですが、その速度故にまともに写っている写真がなく...

xml_xslさん、knackeさん、kiyoさん、鉄腕原子さん、@ミックさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2017-04-22 06:21) 

ナツパパ

この時代から今までおよそ30年ですか、
相当デザインが変わりましたね。
CADの普及も影響しているのでしょうか。
それとも、空力の研究が進んだからかな。
by ナツパパ (2017-04-22 09:31) 

MILK

マシンひとつひとつを認識して
解説できるのは凄いなぁ~って思いました(@_@)
いろんなデザインがあって
詳しくなくても、見ていて楽しくなりますね(*^_^*)
by MILK (2017-04-22 10:55) 

YAP

ナツパパさん、MILKさん、コメント & nice! ありがとうございます。

ナツパパさん、
なにが進んだかって、やはりコンピュータの進化により、複雑な流体解析が高精度でできるようになって、マシンの空力開発が進んだことだと思います。
直線での最高速はたぶん40年前もそこまで変わってませんが、コーナリングの速度は比べものにならないはずです。

MILKさん、
一部の記憶を元に、詳しい部分は検索に頼ってます。
こうして見ると、新しいものと古いものって、パッと見で分かりますね。

nmzkさん、AKIさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2017-04-22 14:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0