So-net無料ブログ作成

富士ワンダーランドフェス! Back to F1 WORLD CHAMPIONSHIP IN JAPAN [クルマ]

ただいま、3月12日に開催された、富士ワンダーランドフェス!の記事を執筆中。 
なかなか書き終わらないので、ペースを上げねば。

000667.JPG

グランドスタンドに移動してきた。
ここからはホームストレートと、100Rからの立ち上がりとヘアピンの前後が見渡せる。





 

いよいよ本日のメインイベント、「Back to F1 WORLD CHAMPIONSHIP IN JAPAN」と題して、'70年代の F1 マシンのデモランが始まる。

000668.JPG

ペースカーも当時のナローボディのポルシェ 911。





000669.JPG

ピットに並んだ F1 マシンのエンジンに火が入り、太い排気音がグランドスタンドの屋根に反射して響き渡る。





000670.JPG 000671.JPG

軽く1周して、ホームストレート上のグリッドにつく。





000672.JPG

いちおうそれっぽく、スターディンググリッドに整列。





000673.JPG

ペースカーに先導されて走り始めたが、残念ながら国産マシン2台は出走できず、ピットに押し戻される。
場内のアナウンスではマシントラブルだということだが、実際のところ、そもそも今の保存状態が走れるような状態なのか?





000674.JPG

ペースカー先導での1周の後、ローリングスタート。





000675.JPG

マクラーレン M23 (1976)

鮮やかなマルボロカラーは、実物を見ると赤というよりも蛍光オレンジみたいな色。
レンズを通して写真や動画で見ると、明るい赤に映ることから、こういう色になっている。





000676.JPG

ロータス 77 (1976)

このジョン・プレイヤー・スペシャルのデザインのグッズも当時は大人気だった。





000677.JPG

フェラーリ 312T2 (1976)

このフェラーリはあまりいい状態ではなかったようで、他の3台よりも明らかにペースが遅く、最後は周回遅れになっていた。





000678.JPG

ウルフ WR1 (1977)

ほとんどスポンサーはなく、大富豪が私財でチームを運営していたのがわかる。





000679.JPG

デモランは、ロータスとマクラーレンの2台が順位を入れ替えながら走行。
直線での最高速度は、250km/h に届くかというところだろうか。
映画「ラッシュ」の再現よろしくフェラーリとマクラーレンが競い合うように走る姿を期待していたが、それは叶わず。
なにしろ貴重なマシンなので、慎重に運転していたものと想像する。

私が子供の頃のマシンがこうして40年の時を超えて目の前を走る姿は感動的だった。


nice!(19)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 19

コメント 7

リュカ

70年代ですか〜〜
弟とミニカーで遊んでいた時代。こういうミニカーを持っていた記憶がありますよ^^
by リュカ (2017-04-19 19:56) 

aloha

JPSのグッズ、持ってました!懐かしいです。
40年経っても、やっぱりカッコいいですね。
こんな貴重なマシンが、実際に目の前を走るところを見られるなんて、
すごいイベントです。
by aloha (2017-04-20 00:20) 

めぎ

一台ずつ入ってくる感じはちょっと残念ですけど、走っている姿はカッコイイですね~
やっぱり車は走ってナンボなんだなあ・・・
by めぎ (2017-04-20 01:57) 

YAP

リュカさん、alohaさん、めぎさん、コメント & nice! ありがとうございます。

リュカさん、
当時の日本では、スーパーカーブームから派生した第一次F1ブームでしたから、ミニカーとかもいろいろ出てましたね。
消しゴムとかもありました。

alohaさん、
JPS のこのカラーは人気ありましたから、関連グッズも多かったですね。
マシンはこのイベントのために日本まで空輸したそうですよ。

めぎさん、
台数が少ないと走っている間にばらけてきますね。
ロータスとマクラーレンは近い距離で走っていて、バトルらしい雰囲気を作ってくれていました。

鉄腕原子さん、tochiさん、xml_xslさん、kiyoさん、@ミックさん、nmzkさん、knackeさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2017-04-20 07:55) 

ナツパパ

こういう車は走ってこその魅力ですから、これはいいイベントですね。
スピードとエンジン音と、実際に聞いたら懐かしいでしょう。
被写体としてもすごく魅力的です。
by ナツパパ (2017-04-20 09:08) 

kuwachan

普通の車のように走らせているわけではないでしょうから
メカニックの方は調整が大変だったでしょうね。
by kuwachan (2017-04-20 21:51) 

YAP

ナツパパさん、kuwachanさん、コメント & nice! ありがとうございます。

ナツパパさん、
いくら歴史的価値のあるマシンとはいえ、飾って眺めるだけではもったいないです。
活躍の舞台はガレージではなく、サーキットですから。

kuwachanさん、
40年くらい経った今も動態保存するって、相当な管理努力だと思います。
交換用のパーツ一つ作るにも苦労があると思います。

ネオ・アッキーさん、nandenkandenさん、sheriさん、banpeiyuさん、AKIさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2017-04-21 06:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0