So-net無料ブログ作成
検索選択

2016 夏のドライブ旅行前半戦 プチ尾道観光 千光寺公園 [国内ウロウロ]

実家を離れてかみさんと合流する日となった。
いちおう、かみさんと行動を共にするまでを、「前半戦」とする。

00000548.JPG

この日の1曲目は、綾香の The beginning。

尾道で落ち合うことにしていたのだが、私は少し早く実家を出発して、尾道をプチ観光することに。
今回の旅のメインにたどり着く前に、京都の記事をかなり引っ張ったので、尾道はさくっと2回くらいで終わらせよう。

実は、私は数年間広島県民だったこともあり、そのときに尾道にも行ったことがあった。
今回は、尾道観光の中心である千光寺公園から降りて行く坂道で、尾道らしい景色が撮れればと。

駐車場にクルマを止めて、ロープウェイのふもと駅を目指す。






 

00000504.JPG

そのとき通ったアーケード商店街、尾道絵のまち通り。






00000505.JPG

平日(8月17日)の昼前だからなのか、これが地方都市の現実ということか、シャッターが閉まったままのお店が目立つ。




 

 

00000506.JPG

そんな中で目立っていたのが、絵を描く女子高生たち。
ホームページで検索してみると、どうやら毎年恒例の写生大会として、尾道の街を描くというイベントがあるようだ。





 

00000507.JPG

アーケードを抜けたところにあった、尾道縁の人物(?)の足型。
刀鍛冶発祥の地とのことでこのようなものがあるらしい。





 

00000508.JPG 00000509.JPG

くるっと一通り見たが、金やんと河合みっちゃんしかわからなかった。
Wikipedia で見たが二人とも尾道との接点はわからず...

 
 
 
 
 
 

00000510.JPG

千光寺ロープウェイのふもと駅に到着。
往復で買うと安いが、歩いて降りるので片道分320円を支払い。




 

00000511.JPG

エレベータ乗り口はちょっとわかりにくい。





 

00000512.JPG

00000513.JPG

エレベータのゴンドラはけっこう新しい。





 

00000514.JPG 00000515.JPG

00000516.JPG 00000517.JPG

窓からは尾道の街が一望できるが、残念ながら私のポジションは海側が良く見えない。
他のお客さんの合間を縫うように、シャッターチャンスを探る。





00000518.JPG

頂上駅から街を見下ろす。





  

00000519.JPG

00000520.JPG

まずは、千光寺公園の展望台からの景色を。





  

00000521.JPG

00000522.JPG

瀬戸内海に浮かぶ向島までの距離が近く、その間の海が大きな川くらいにしか見えない。

近くに見える島や造船所の景色が瀬戸内海の街らしく感じる。
ずっと見ていたい景色だが、時間に限りがあるのでこの山を降りていくことにする。 

 


nice!(22)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 22

コメント 15

めぎ

見下ろした川のある風景はなかなか素敵ですね。
私、河合さんは・・・??
もう芸能人もスポーツ選手も誰が誰だかほとんど分からなくなりました。

by めぎ (2016-09-23 04:51) 

ナツパパ

尾道というと、このロープウェイの写真が有名です。
さすがの眺めですねえ。
瀬戸内海は今までご縁が無く、3回しか渡ったことないです。
そのうち1回は今は無き、国鉄のフェリーでした。
宇野から高松まで、愉しかったなあ。
by ナツパパ (2016-09-23 06:37) 

aloha

尾道は観光地のイメージがあるので、シャッター商店街は意外でした。
展望台からの瀬戸内海の景色は素敵ですね。
結構な高さのように見えますが、帰りは歩いておりることが出来るんですね。
by aloha (2016-09-23 10:10) 

kuwachan

展望台からの夏らしい雲と瀬戸内海の景色が素晴らしいですね。
尾道というと、その昔私の姉が学生だった頃(私は中学生だったかな)
友人と旅行に行って、ちょっと大変な目に遭った記憶があり
私の中であまりいいイメージなかったのですが
ブログでよく紹介されているので一度自分の目で確かめたいところのひとつです。
by kuwachan (2016-09-23 12:21) 

フェイリン

地方都市…まさに今がそうです。この寂しい感じがどうもダメなんですよね。
人が居すぎてもストレスですし、我儘と思いつつ、今は東京や大阪が恋しいです。
尾道といえばラーメンのイメージですが有名でしょうか?
by フェイリン (2016-09-23 17:20) 

ジャランこ

尾道、しまなみ海道をサイクリングするために泊まっただけなので
うえからの眺めは見たことがないのですが
こんな素敵な眺めなのですね。
片道分320円はなかなかお得ですね。



by ジャランこ (2016-09-23 22:46) 

YAP

めぎさん、ナツパパさん、alohaさん、kuwachanさん、フェイリンさん、ジャランこさん、コメント & nice! ありがとうございます。

めぎさん、
河合美智子さんはご存じないですか?
「オーロラ輝子」さんだとわかったりします?

ナツパパさん、
その区間のフェリーということは、瀬戸大橋ができる前ですね。
今はもう四国も「陸続き」みたいになりましたからねえ。

alohaさん、
もしかしたら、もう少しにぎやかな繁華街のエリアがあるのかもしれませんし、平日の昼前という時間帯のせいなのかもしれません。
ただ、これくらいの規模の街の商店街に活気がなくなっているというのは、残念ながら事実なのだろうと思います。

kuwachanさん、
そういう悪い思い出は、ぜひとも大人になってから払拭していただきたいところです。
私は短時間でドタバタ通り過ぎていきましたが、じっくり時間をかけて歩きたいところです。

フェイリンさん、
尾道ラーメンはけっこう有名ですね。
豚の背油が入っているのが特徴です。
私はもうそういうコッテリ系がきつく感じる歳になってしまいましたが。

ジャランこさん、
しまなみ海道をサイクリングされたのですか!
実はこの後、しまなみ海道を走ります。
猛暑の中、自転車の人もけっこういましたよ。

xml_xslさん、tochiさん、みなさん、nmzkさん、いっぷくさん、Lionbassさん、knackeさん、濱の寅次郎さん、AKIさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2016-09-24 06:55) 

リュカ

懐かしいーーー!
尾道には遊びにいったので、場所が浮かびます^^
気持ちよい場所ですよね^^
瀬戸内海の、こういう島々を観る風景って
北海道にはないから新鮮だったの思い出します。
by リュカ (2016-09-24 10:01) 

YAP

リュカさん、コメント & nice! ありがとうございます。
私も他の方の記事で自分の行ったことある場所が出てくるとうれしくなります。
楽しい記憶がよみがえりますよね。

ribonribonさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2016-09-24 16:14) 

miffy

千光寺からの眺めは綺麗ですよね~
前回ロープウェイに乗ったのは冬の夕方でした。
街の明かりがとっても美しかったです。
by miffy (2016-09-24 17:36) 

YAP

miffyさん、コメント & nice! ありがとうございます。
「前回」ということは何度か尾道へは行かれているんですね。
陽が落ちてからの時間帯も、別の美しさがあるんでしょうね。

gillmanさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2016-09-25 06:33) 

Amy

頂上から見渡す景色が素晴らしい♪
ゴンドラが混んでいるようなので、
帰りは歩いて、というのは正解ですね(^^)
by Amy (2016-09-25 07:31) 

YAP

Amyさん、コメント & nice! ありがとうございます。
尾道の楽しみは坂のある風景でもありますので、下りでそれを楽しむことにしました。
何しろ暑かったので、上りではちょっと楽しむというよりも苦行です。

mayuさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2016-09-25 15:33) 

orange

こんばんは。お立ち寄りいただきありがとうございます。
千光寺公園。..実は..初デートの場所(爆^^;)
高校が広島県だったもので...
教室から海ばかり眺めていました..季節によって海の色が変わります^^
by orange (2016-09-27 00:16) 

YAP

orangeさん、コメント & nice! ありがとうございます。
それは大切な思い出の場所ですね。
季節によって海の色が変わるって、いいですね。
海が見える教室かあ。
いい環境だったんですね。

sheriさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2016-09-27 06:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。