So-net無料ブログ作成
検索選択

Canyon de Chelly National Monument [アメリカ旅行]

 <グランドサークル爆走記 Day2>  

DPP_2473 - コピー.JPG

今回の最初の主要目的地、キャニオン・ディ・シェイ国定公園(Canyon de Chelly National Monument)に到着。
チンリ(Chinle)がゲートシティとなる。

「主要目的地」とは書いたが、実際は最初に目的地としていた場所まで1日で行けそうにないので、その途中の宿泊地として選んだ場所。
ここはうれしいことに、入園自体は無料。
それがこの地を選んだ理由のひとつでもある。
キャニオンの下の方へ行くことができるガイドツアーは有料となるが、私たちはいくつかのビュースポットから眺めることに。



 

DPP_2474 - コピー.JPG

まずはビジターセンターで情報収集。
先住民文化を建物の外観、内装から感じることができる。





DPP_2475 - コピー.JPG

まずは最初のビュースポットへ。
南北の二方向へ伸びる谷の南側の奥。
駐車場から少しだけ歩く。





DPP_2476 - コピー.JPG

スパイダーロック展望台 (Spider Rock Overlook)
これを眼前に見下ろすと、その美しさと迫力に圧倒される。





DPP_2477 - コピー.JPG

この谷の創造主、スパイダーウーマンが住む聖地とされている。
スパイダーウーマンは、虹に乗って岩から岩へと飛び移り、、夜露で編んだ巣を空に放り投げて星空を創った。
そんな話が言い伝えられている。
その高さは約240m。
小川の少し右に見えるのがクルマの轍だと思われるので、それで大きさを想像していただけるだろうか。





DPP_2478 - コピー.JPG

ビジターセンターへ戻る方向で、セイ展望台 (Tsegi Overlook) に寄る。





DPP_2479 - コピー.JPG

峡谷の景色も圧倒的だが、ここのすごいところは、この谷の底で先住民が今も生活しているということ。





DPP_2480 - コピー.JPG DPP_2481 - コピー.JPG

DPP_2482 - コピー.JPG DPP_2483 - コピー.JPG

400mm 相当のズームで見ると、しっかりと生活の匂いを感じることができる。
右下の白いものが巻かれた木が並んでいるのは、果樹栽培かな?

少し上でも書いたクルマの轍や配管っぽいものも見えるところがあったりして、さすがに現代的な生活を送っているようだ。

Spider Rock Overlook の地図を貼っておきます。


nice!(22)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 22

コメント 16

aloha

ものすごい迫力の景色!
スパイダーウーマンの伝説が、なんとも似合う土地ですね。
その満天の星空を見てみたいです。
先住民が今も谷底で暮らしているというのもすごいですね。
もう、住むには不便だとか、そういう話ではないんだろうな・・・
by aloha (2014-06-17 21:44) 

ジャランこ

ここが無料、うらやましい眺めです。
迫力ある写真にため息が出ちゃいます。

夫は、年とったので運転が面倒なようです。
by ジャランこ (2014-06-17 22:41) 

ベアトラック

17年前の新婚旅行、一昨年夏の家族旅行で行きました。懐かしいですねぇ。谷間から、放牧中の牛や羊のカウベルが聞こえてくる事もありました。ダイナミックな名勝ですよね。
ギフトショップで、ここでしか売っていないアンセル・アダムスのポスターを買ったはずなんですが・・・さて、どこにあるか・・・苦笑
by ベアトラック (2014-06-18 06:56) 

YAP

alohaさん、ジャランこさん、ベアトラックさん、コメント & nice! ありがとうございます。

alohaさん、
住むのに不便だとかそういう次元ではなく、この土地を守っているという意識で生活されているのではないかと思います。
私たちが忘れてしまっている大切なものがあるのでしょう。

ジャランこさん、
ここに住んでいる人が自分たちの土地を維持管理していることで、無料で成り立っているのかもしれません。
ここはぜひともまた行ってみたい場所になりました。

ベアトラックさん、
17年前に行かれたとのことですが、当然ながら、そのときから今も変わらない景色なんだろうと思います。
もの圧倒的な景色は、感動的でした。

tochiさん、kiyoさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2014-06-18 07:47) 

knacke

乾いた風景が、とっても素敵です☆
生で見たら、スケール感がわからなくなるくらい、
もっともっと雄大なんでしょうね。
こういうところにも暮らしがあるって、すごーくイイナァ〜。
by knacke (2014-06-18 08:28) 

ナツパパ

おおっ、ここは迫力ありますねえ。
ここは実際眺めてみたいなあ。
...もうもう、高所恐怖症だなんて言ってる場合じゃないです(笑)
by ナツパパ (2014-06-18 09:41) 

リュカ

うわー、やっぱりすごいですね。
迫力があります。
こういう景色は見たことがないので、実際に見たら感動しちゃうな~
今も生活されている方がいるのですね。
現代になったとはいえ、やっぱり私たちの暮らしとは違って
もっと自然に寄り添ってるのでしょうね(^^
by リュカ (2014-06-18 10:54) 

kuwachan

本当にこういう景色が目の前に広がっているのですね!
凄いですね~。写真でも信じられない感じです。
そしてそこに今も人がが住んでいるとは驚きです(@_@;)
隣お家まで何キロあるのだろう・・なんて考えはヤボ過ぎますね(笑)
by kuwachan (2014-06-18 12:19) 

フェイリン

NMなのに無料とは!
Spider Rock Overlookは眺めが良くて気持ちよさそうですね。
う~ん、素晴しい景色!写真でこの迫力なので実際はもっと凄いのでしょうね。その辺のスケール感は非常にわかります(笑)

この様な周り方をされたのですね。
私はNM旅行の際は、最初にKasha-Katuwe Tent Rocks National Monumentという、非常にマイナーな所に行きました。
http://www.blm.gov/nm/st/en/prog/recreation/rio_puerco/kasha_katuwe_tent_rocks.html
この旅行記もいつか書きたいのですが…
by フェイリン (2014-06-18 20:29) 

YAP

knackeさん、ナツパパさん、リュカさん、kuwachanさん、フェイリンさん、コメント & nice! ありがとうございます。

knackeさん、
この景色の広がりは、写真ではとても収めきることはできません。
生で見てこそ、です。

ナツパパさん、
そうそう、高所恐怖症だなんていっている場合じゃないですよ。
ここの展望台は、いちおう膝くらいまでの高さの柵はありましたよ。

リュカさん、
先住民の人たちの生活は、おそらくそれなりに現代的になってきてはいるのでしょうが、それでも自然を大切にする姿勢は都市部で生活している人たちとはまったく違うのだろうと思います。

kuwachanさん、
実際に生で見ても、そのスケール感に圧倒されて夢見心地で不思議な感覚でした。
ここでの生活、不便なこともあるでしょうが、少し憧れもあります。

フェイリンさん、
リンク先見ましたよ。
私もこの辺りはそれなりに情報収集してきていますが、ここはまったく知りませんでした。
マイナーなスポットは観光客も少なくてゆっくり見ることできますし、得した感じがありますよね。

Lionbassさん、makimakiさん、yamさん、ふにゃいのさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2014-06-19 07:52) 

ake_i

スパイダーロック!!!
車の轍を見つけるもの大変でした(笑)
すごいド迫力、まずその言葉しか出てこなかった@@;
谷底に今でも住居あって暮らしているとはそれも驚きです!!!
すごいな~。
木のない山、さぞ暑いだろうと思ったり壮大でドッカリと暮らせるて思ったり、面白いです。


飲料を買われたスーパーも懐かしい♪
by ake_i (2014-06-19 13:12) 

トリバン

壮大ですね。
この手の風景、写真で雄大さを伝えるのって難しいですよね。
写真でも十分壮大なのですが、多分実物はもっとすごいんだろうなと想像しちゃいます。(*^_^*)
by トリバン (2014-06-19 16:29) 

めぎ

これは望遠も広角も楽しく使えそうなところですねえ。
お天気もよく、なによりでしたね。
この頃には初日の色々なハプニングも過去のこととなって、旅が軌道に乗ってきていたんでしょうね。
by めぎ (2014-06-19 16:55) 

YAP

ake_iさん、トリバンさん、めぎさん、コメント & nice! ありがとうございます。

ake_iさん、
スパイダーロックの迫力と神々しさは、写真で見るよりもはるかに大きなものを感じました
ここでの昔ながらの生活は、今の人が忘れているものがたくさんあるように思います。

トリバンさん、
そうなんです。
ほんとのスケール感は写真ではなかなか伝わらないですね。
生の自分の目で見るものにはかないません。

めぎさん、
そう、望遠も広角も楽しめるビュースポットでした。
もちろんレンズを交換して何枚も撮影。
お察しの通り、この辺りから旅が軌道に乗り始めました。

ティナちゃんさん、げいなうさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2014-06-20 08:03) 

Traveler

懐かしいです。私もここ行きました。
by Traveler (2014-06-20 10:01) 

YAP

Travelerさん、コメント & nice! ありがとうございます。
Travelerさんもここに行かれたんですね。
当然ながら、今と変わらない景色だったことと思います。
by YAP (2014-06-20 18:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。